2013/06/14

FarCry3 DX11

今回の内容は、ゲーム『ファークライ3』です。

Radiance Transfer Volumesが醍醐味ですが、
Probe数が5m単位とすると微細化が中途半端なため、
頂点格納されている程度の表現力となり、
Volumeテクスチャから垂直遮蔽として木々の
遮蔽描写の方が安定汎用性高く魅力でした。

以下画像です。遠距離まで最適化しDirectX11設定です。