2016/04/20

HTC Vive Ready その2 Time Machine VR

今回の内容は『Time Machine VR』です。
VRコンテンツであるシミュレーション作品です。

人類の補完のために、ジュラ紀の海洋生物の生態、
プリオサウルスやアンモナイトの巨大版な生物の
サンプル情報を集める『VRシミュレーター』です。

現実と感違うするほどリアルで、現実感とは3次元情報であると、
2次元で物理現象をトレースする方向性とは異なります。

『映像移動の乗り物との相性は抜群』ですが、その一方で、
『単一映像やゲームコンテンツとの相性は現状悪い』と感じます。

次元(信号量)の違いは、情報量の疲労感が根底から違い、
2次元の信号と、3次元の信号で大きく別れると思いました。

以下2次元の最高設定の画像です。『3次元はリアル』です。